Noritake (ノリタケ)の商品の買取を致します。本日の買取情報はNoritake (ノリタケ)カップ&ソーサーとデザート皿のセットです

Noritake (ノリタケ)の商品の買取を致します。本日の買取情報はNoritake (ノリタケ)カップ&ソーサーとデザート皿のセットです | 骨董品、茶道具、レトロ品の買取なら千代屋

本日の買取はNoritake (ノリタケ)カップ&ソーサーとデザート皿でした

可愛い使いやすそうNoritake(ノリタケ)のカップ&ソーサーとデザート皿のセットですね🎵

Noritake (ノリタケ)カップ&ソーサー デザート皿

Noritake (ノリタケ)カップ&ソーサー デザート皿の買取なら千代屋まで

千代屋ではNoritake (ノリタケ)カップ&ソーサー デザート皿などのギフト品、贈答品から明治時代の古美術、アンティークと言ってもいいノリタケ陶器の作品の買取をさせて頂いております。ノリタケの商品ならどのようなものでもお気軽にお電話くださいませ♪

それより、今日の大リーグのオールスターの大谷翔平選手はどうなりましたかねーー。昨日のホームラン競争で疲れていないか心配です(^-^;

それでは、今日もまだまだこれから出張買取に回ります。世田谷、杉並の出張買取なのでお近くの方、または遠い方もお気軽にお電話くださいませ♪(^^♪

 

お問い合わせ0120-513-137

毎日出張買取に回っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

出張査定、買取

出張エリア

取扱商品

ジュエリー 貴金属の買取


0120-513-137

リサイクルショップ 千代屋 宅配買取画像

インスタグラムやってます♪

ツイッターやってます♪

 

Noritake (ノリタケ)

幕末に洋学者の福沢諭吉から、「輸出貿易を行い外貨を獲得することが必要だ」と教えられたた森村市左衛門は、海外貿易をめることを決意し明治9年(1876)、東京銀座に森村組を創業、弟がニューヨークへ行き輸入雑貨店モリムラブラザーズをオープンし海外貿易を始めました。これがノリタケのスタートでした。

日本初のディナーセット完成
最初のころの輸出品であった骨董や雑貨などから少しずつ焼き物が増えていった。明治22年(1889)、市左衛門らは、美しく精緻に画付けされたヨーロッパ製の磁器を日本で作りたいという思い、8年後、新しい技術を習いに当社技術スタップを現地に派遣した。

明治37年(1904)、「日本陶器合名会社」を創立し、愛知県に工場を建設し試行錯誤の末に日本初の10年後にディナーセットを完成させた。アメリカで日本製の洋食器は大人気となり、「ノリタケチャイナ」の名で世界中に知られるブランドとなった。